• SHOP
  • ABOUT US
  • NEWS
  • CORPORATE
  • RECRUIT
image002

新ブランド『PUBLIC TOKYO(パブリック トウキョウ)』が2018年9月6日(木)本格スタート!

ジャンルやルールに捉われず、都会的スタンダードを追求する新ブランド『PUBLIC TOKYO(パブリック トウキョウ)』が2018年9月6日(木)本格スタート!

この度、2018年9月6日(木)セレクトショップSTUDIOUSを運営する株式会社TOKYO BASEより、新事業『PUBLIC TOKYO(パブリック トウキョウ)』をスタート致します。

コンセプトは〝ジャンルやルールに捉われず、都会的スタンダードを追求するパブリックウェアーブランド″としてファッションを楽しむすべての方に、上質な素材や機能性を持つデイリーウェアーと自分らしさをアップデート出来る程良いトレンドをミックスしたカジュアルウェアーのラインナップを提案致します。ALL MADE IN JAPAN物づくりで、厳選された品質と日本の高い技術で上質なものを、手に取りやすい圧倒的ハイバリューな価格にて提供致します。その中でも、特に力を入れているのがカジュアルの代名詞『デニム』に特化し、多様化するライフスタイルに寄り添う東京シーンに合わせたデニムコレクションを展開。

DSCF6809 (1)

2018年9月6日(木)にはルミネ新宿にMENSとWOMENSがそれぞれ単独店として、またECではPUBLIC TOKYO ONLINE STOREとPUBLIC TOKYO ZOZOTOWNの3店舗が同日にGRAND OPEN致します。

SHOP INFO.

9月6日(木) GRAND OPEN
◆PUBLIC TOKYO ONLINE STORE
◆PUBLIC TOKYO ZOZOTOWN
◆PUBLIC TOKYO SHINJUKU

-MENS-
〒160-0022 新宿区新宿3-38-2 ルミネ新宿2  3F
営業時間:平日 11:00〜21:30(土日祝 10:30〜21:30)

-WOMENS-
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-1-5 ルミネ新宿店 ルミネ1  4F
営業時間:平日 11:00〜21:30(土日祝 10:30〜21:30)

9月下旬 OPEN予定
◆PUBLIC TOKYO OSAKA

10月中旬  OPEN予定
◆PUBLIC TOKYO NAGOYA

PUBLIC TOKYO INSTAGRAM

-この NEWS に関するお問い合わせ-
TOKYO BASE CO., LTD.
03-6427-3744

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

MBトップ

緊急予約開始「STUDIOUS×MB最強の国産ダウンベスト」

ついに8月20日21時より第2回先行予約販売が開始される「STUDIOUS×MBダウンベスト」。

<<商品ページはこちらから>>

 

販売直前ということでMB氏よりメッセージをいただきました。

先週紹介したSTUDIOUSとのコラボダウン、デザインが決まっているダウンベストなら安物を毎年買うより、極上のものを10年使えばいいよね・・・と兼ねてから計画していた「最高のダウンベスト」。<<前回記事ページへ>>

MBアイテムとして制作を目論んでいましたが、国産ダウンは現在日本で数社しか生産が出来ないということで頓挫。大人しく日本製にこだわったものづくりをしているSTUDIOUSさんの力を借りることにしました。虎の威を借るなんとやら笑。

a

というわけで詳しくは先週の記事と商品ページをご覧頂きたいですが、どこからどこまでみても隙のない完璧なダウンをギリギリの価格まで落として実現しました。

生産工場(ダウンは縫製命なのです・・・)も、ダウンの品質も、デザインも、パーツも全て高級ダウンブランドレベル。ギリギリのギリギリで30000円台まで落としました。

先週の発表から反響がかなりありましたので、生産数が少ないこともあって「確実に手に入れたい人」のためにSTUDIOUSさんと調整の上、予約を敢行することにしました。

9月上旬お届け予定。少し気が早いですが

セットアップを着用されている方は是非手にとってください。セットアップが冬まで延命できます。

<<商品ページはこちらから>>

b 3

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

top

STUDIOUSでしか買えない!ブランド別注アイテム特集 Vol.2

” STUDIOUSでしか買えない!ブランド別注アイテム特集 Vol.2 “

他では手に入らない。STUDIOUSで今期コラボしたブランド別注アイテムをご紹介。

CINOH

TOPS:CINOH

<STUDIOUS限定>ニットワッフルトップ
PRICE : ¥23,760(tax in)

 

PANTS:CINOH

<STUDIOUS限定>ニットワッフルパンツ
PRICE : ¥26,784(tax in)

STUDIOUS限定のCINOH別注ワッフルニットトップス、パンツのセットアップ。
CINOHデザイナー茅野氏とSTUDIOUSバイヤーにより一から製作されたSTUDIOUSでしか手に入らないスペシャルアイテム。2018AWもトレンド最前線のサーマル・ワッフルの要素を取り入れながらも、年齢に捉われることなく着こなせるカジュアルなアイテムに仕上げました。

セットアップでお作りしていますが、セットで持っておきながらバラバラに着こなすのがおすすめ。
ブラックには、アクセントカラーはホワイト、グレーにはオレンジのデザインスリットが効いてます。

cinoh2

 

 

AMERI

AMERI

〈STUDIOUS限定〉バックプリーツレイヤードコート
PRICE : ¥27,972(tax in)

【素材】
バックウェスト部分にはリアルレザーのベルトが取り付けられ、ウェスト位置を決めてくれ、スタイルアップ効果抜群。

【シルエット】
18AWシーズンのアメリヴィンテージ別注アイテム第一弾はトレンチ型のコート。
STUDIOUSでは着回しもきくネイビーベースをスペシャルオーダー。
2018SSシーズンも即完売したバックプリーツのディテールは誰もがステキに見える永久デザイン。
歩くたびに揺れるプリーツが女性らしい印象です。
バックデザインと同系色のパイピングが片方の襟元と袖口リボンにあしらわれ、他にはないデザインポイントを
加えているのもアメリならでは。

プリーツスカート+ブラウス等のきちんとスタイルにはもちろん、デニムカジュアルにも良く合うマルチアウター。
コーデを選ばず秋口&春も大活躍してくれそうなコートです。

ameri2

 

SOE1

soe WOMEN

<STUDIOUS限定>RITポーチ
PRICE : ¥12,960(tax in)

【素材】
汎用性の高いナイロン素材

【シルエット】
soe WOMEN×STUDIOUS限定でRITポーチの別注カラーが誕生。
※今回STUDIOUS WOMENS新宿店とSTUDIOUS公式ONLINE STORE限定で発売。

STUDIOUSらしく、ブラックカラーをメインに仕上げたサコッシュです。
季節問わず使って頂ける、ミニマルなデザインです。
マチはあまりないものの、外側にメッシュポケットも付いているので、汎用性も高いアイテム。
サコッシュ=カジュアルなイメージですが、こちらのデザインならワンピースなどと合わせるのもおすすめ。

soe12

 

CLANE

CLANE

<STUDIOUS限定>CLANEコンパクトプリントスウェット
PRICE : ¥20,520(tax in)

【素材】
肌心地柔らかなコットン100%

【シルエット】
CLANE HOMMEからレディースのサイズ感に合わせてお作りしたSTUDIOUS別注ミニマルスウェット。
今年の秋冬はアイコニックなプリントデザインを施したカジュアルスウェットがおススメ。
女性にも男性にも人気なブランドCLANEとSTUDIOUSの特別なミニマルスウェットおつくりました。
サイズ感もルーズになりすぎないよう工夫を加えたことで、普段カジュアルやストリートスタイルが苦手な方にも着用頂ける仕様に。

clane2

 

SOE2

soe WOMEN

<STUDIOUS限定>ドットプリントガウンワンピース
PRICE : ¥34,560(tax in)

【素材】
さらっとした着心地のポリエステル100%

【シルエット】
soe women定番のドットシリーズのガウンワンピース。
※今回STUDIOUS WOMENS新宿店とSTUDIOUS公式ONLINE STOREのみで発売。

2017SSリリースの人気デザインモデルを、今回STUDIOUS限定で復刻して頂きました。
女性からの定番人気ドット柄に、ヴィンテージライクな要素を含めベーシックに仕上げたガウンワンピースはマルチな着こなしを可能にします。
ボタンを首元まで閉めて、正統派で仕上げるのも良し、首元に抜け感を加えるならワンボタンを外して、ボタンを全部あけてインナーで遊ぶのもアリ。
王道ならデニムで、トレンドライクに仕上げるならニットパンツやフレアパンツとレイヤードもおススメです。

soe22

itiran

vol1

 

 

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

6-1038x576

ついに待望のSTUDIOUS×MBコラボが再び実現。

「どうせ長く使うものなら極上品を10年に1度買えばいい」-MB-

“ついに待望のSTUDIOUS×MBコラボが再び実現。”

今回ファッション本作家、アドバイザーであるMBさんとSTUDIOUSの待望のコラボレーションが再び実現しました。今回のコラボアイテムはトレンドでもあるダウンベストです。

先行予約販売日:8/6(月)21時〜8/13(月)12時まで

〈商品ページはこちらをクリック〉

この注目のコラボに込めた思いをMBさんよりメッセージで頂きました。

2018_07_25_0925

兼ねてからセットアップにダウンベストの着こなしを提案しております。
私は無類のセットアップ好き。何より考えなくてもインナーと靴だけで
コーディネートが決まるのが大好き。朝悩む必要がありません。
そんなセットアップを期間長く冬まで着用するワザが「ダウンベスト」。
カジュアルなダウンベストを重ねることで、
セットアップのフォーマルな印象も緩和しバランスも取りやすい最強のコンビ。
海外スナップなどではよく見かける着こなしです。
セットアップがトレンドとなっている昨今こそ必要なものだと考えて
「この秋冬はダウンベストを作ろう」と一念発起しておりました。

ところが、生産背景を探れば探るほどダウンの製造は困難を極めました。
実は日本でダウンを生産できる会社が2,3社しかない・・・って知ってました??
中国生産にすれば実現も出来ますが、ダウンに関してはやはり品質に隔たりが
ある様で・・・高品質で長く使えるものとなると国産が好ましい。
ところがそんな国産ダウンは某超有名スポーツブランドや
某超有名トップブランドなどがすでに年単位でスケジュールを抑えており
小ロットの新規が参入することが「不可能」とも言える状況でした。
こりゃ自分でやるのは無理だ、ということで今回大手の力を借りて
STUDIOUSさんとのコラボで実現させました。

 

“「長く愛用できるダウンベスト」を徹底に追及。”

 

4N7A1698

ダウンベストは別にユニクロでも買えるので
私が作る意味としては「最高のデザイン」と「長く使える耐久性」です。
今回徹底的に「長く愛用できる」ことにこだわり作りました。

ダウンの品質に関してよく言われるのがダウンとフェザーの混率です。
よくネットや雑誌で
「ダウンの混率が高いほど高級品」
「ダウンの方が保温性が高く、軽いから高級」
と書かれていますが、これ実はちょっと説明不足なんです。
実はダウンの混率が高い方が「耐久性が高い」のです。

そもそもダウンとは「ふわふわした毛」のことです、
フェザーとは「芯のある羽」のことです。

フェザーは硬い部位があり
これが表面の生地を突き破ってしまい、そこから羽毛が出て
ボリュームダウン・品質低下につながるのです。
原理的に表面の素材をナイロンで飛び出しにくくすることは可能ですが
フェザーの棍率が高いとナイロンでも破っちゃうんですね。

暖かいとか軽いとかももちろん重要なんですが、
「ダウンの率を上げると破れがなくなる」ことが何より大事なんです。
今回長く使ってもらおうと思い90%をダウンにした最高級の混率にしました。
(ちなみに100%ダウンにすると弾力性がなくなるので
今度は型崩れが起こりやすくなります。
ふわふわしたダウンだけでもダメなのですね。)

4N7A1700

書けば今回山ほどこだわった部分があります。
混率だけでなくモンクレールクラスの700フィルパワーの高品質にしていたり。
国産製造にすることでダウンの注入もシルエットを意識したベストバランスで行なっていたり。
(例えばガッシリ見えないように肩周りはダウンを薄くしたり、
部位によってシルエットが美しく見えるようにダウン量のバランスを調整)
目立つZIP部分はYKKの中でもトップクラスの品質を誇るエクセラを使ったり。

デザインは極めてシンプルにまとめました。
アウトドアライクにならないようにシンプルそのものに。
小顔に見えるけれど邪魔にもならない程度の立ち襟にしています。
また裾はシャツのようにラウンドカットにしており品をプラスしています。

2018_07_25_1004

シンプルなダウンベストなんてもうずっと使うものじゃないですか。
だからこそ長く使えるベストなものを作りました。
ちと高いですが、「ダウンベストはこれだけでいいや」と思えるものを
今回作ったつもりです。

上述の通りですが工場がどうしても押さえることが難しく、
生産ロットが今回そこまで多くないのですが・・・。
9月発売です。最強のダウンお見逃しなく。

 

〈商品ページはこちらをクリック〉

MB×STUDIOUSダウンベスト
PRICE:COMING SOON
発売時期:9月上旬
先行予約販売:8/6(月)21時~8/13(月)12時迄

 

〈MB Profile〉

誰もが理解できる「オシャレの教科書」KnowerMagを運営。2016年まぐまぐメルマガ総合大賞受賞。雑誌「週刊SPA」など大手メディアで連載中。書籍「最速でおしゃれに見せる方法」、漫画「服を着るならこんなふうに」など多数。関連書籍累計50万部突破。ファッション本作家、アドバイザー。

 

 

 

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

6

2018-19AW SHAREEF特集


” 2018-19AW SHAREEF特集 “

STUDIOUS×SHAREEFの限定コラボアイテムをはじめ、最新アイテムをごっそりかき集めました。


1-2

【8/20入荷予定】総柄リングジップスウェット
ITEM CODE : 118535747
PRICE¥24,840tax in

shareeftopics-01

222

【8/20入荷予定】<STUDIOUS限定>総柄ビッグシャツ
ITEM CODE : 1118533745-
PRICE¥28,080tax in

111

3-2

<STUDIOUS限定>フロントロゴビッグTEE
ITEM CODE : 118322089
PRICE ¥9,990(tax in)

111 2

4-2

<STUDIOUS限定>総柄ビッグTee
ITEM CODE : 118322046 
PRICE ¥14,580(tax in)

111 2

5-1

<STUDIOUS限定>総柄サコッシュ
ITEM CODE : 118363002 
PRICE ¥23,760(tax in)

111 2

6-2

PVCバッグ
ITEM CODE : 118362002 
PRICE ¥8,964(tax in)

111 2

7-2

総柄サンダル
ITEM CODE : 118372001
PRICE ¥39,960(tax in)

111 2

shareeftopics-04

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

3

BEDWINデザイナー・渡辺真史氏インタビュー

BEDWIN3
世界中の遊牧民の様に旅をし、触れてきた様々なカルチャーやスタイルをベースに オリジナリティのあるコレクションを毎シーズン発表する、 <BEDWIN&THE HEARTBREAKERS>のデザイナー・渡辺真史氏。 独特の感性を作り上げた、インスピレーション源や、今後のブランドの展望を伺った。BEDWIN

“最初は小物4型から。気がつけば関わる人が増えて現在に。”

Q.ブランド立ち上げまでの経緯を教えてください。

「大学を卒業してから渡英し、2年ほどロンドンに在住していました。その頃、現地の仲間と一緒にブランドを立ち上げたことが 現在に繋がっています。その後日本に帰国し、BEDWINを立ち上げました。最初は小物4型からのスタートでした。」

Q.なぜファッションデザイナーに?

「もともと、ファッション業界に携わりたいと考えていたわけではなくて、大学でも舞台芸術を専攻。映画を作りたいと思ってい たんです。でも、10代から『POPYE』や『 MEN’S NON-NO 』でモデルをやっていたということもあって、ファッションや洋服自 体は好きだった。そういった経歴から、ファッション業界に知人も多かったんです。<Goro’s世代>ということもあってビーズを つかってアクセサリーを自分で作ったり、カスタムするのも元々好きで。ロンドンでブランドを立ち上げるときも、最初はそこで 出会った先輩たちと一緒に、Tシャツを作ってみよう、みたいなノリから始まって。どんどん関わる人が増えて、今に至ります。」

BEDWIN2

“インスピレーションは常に“今の気分”と“90年代”

Q.海外にはよく行かれている様ですが。ロンドンの他にはどの様な場所へ?

「ロンドンの他にもニューヨークやインド・・・色々行きました。その土地の人がどんな着こなしをするのか、ストリート カルチャーや、その街で起こっていることを見るのが好きなんです。時には山奥で、修行僧が作っているバッグをわざ わざ買いに行くことも。洋服は好きなので、宝物探しをする感覚ですね。当時はECも無かったですし。」

Q.ブランドのインスピレーション源も旅をする中で見た事が多いのでしょうか。

「ブランドのインスピレーションは、毎シーズン“今の気分”がテーマになっています。ポイントは、“今”と“90年代”が必 ずリンクをするということ。」

Q.なぜ、“90年代”?

「自分が旅をしていたときが丁度その頃で。多感な時期でもあったんだと思います。20代だったので、ある程度お金は あったし、物事への理解もできた。 世の中でも、ヒップホップやクラブカルチャーが出始めて変化が起こりつつあった。アメリカやロンドンから、色々な情 報がドッと日本にやってきたのが90年代。色々なものが混ざり合ったカオスな時代で、当時は結構斬新だった。自分も ファッションカルチャーに“はじまり”を感じていました。 今、90年代がリバイブされていて、若い子達が当時と同じ格好をしている。だけど、やっぱり当時とは違って、今の子達 なりのフィルターを通している。それもまた面白いところですね。」

Q.90年代当時、一番影響を受けたものや場所は何ですか。

「逆にそれが無くて。無い、というか、各地を転々とした事、それ自体に影響を受けていた、みたいな。何かひとつの点で はなくて、その軌跡というか・・・年齢や性別問わず様々な人とのネットワークを築いて、そのときに得たものが今も色 濃く残っていますね。」

bedwina

“僕らはテーマを着るわけではない。

” Q.18SSコレクションのテーマも“90年代”とリンクしているのでしょうか?イメージソースを教えてください。

「18SSコレクションのインスピレーション源は、スパイク・ジョーンズ監督が作ったムービー『Video Days』。その中の サウンドトラックにインスパイアされて、今回のコレクションが出来上がった。当時、スケートビデオはスケーターたちの トリックを撮るのがメインだった。だけど、『Video Days』はストーリーがあって、スケートをしない人も楽しめるもので。 その中に、著名なスケーター・Mark Gonzalesなんかも登場していたということも面白いけれど、サウンドトラックも ジャズやクラシック、ロックが一緒になっていて、そのミックス感がまさに今の気分にぴったりだった。 そのイメージを下敷きに、今の気分でモノづくりをするという感じ。僕らはテーマを着るわけじゃないし、大切なのはあ くまでも“今の気分”。」

Q.現在は東京で活動をしていますが、東京でクリエイションを発信する理由や、東京の面白いと感じる部分を教えて ください。

「自分の中では、別に東京で活動する理由はなくて。でも、東京には良いモノ、悪いモノ、色々なモノが溢れている。そこが 好きで、今自分は東京にいるんです。良いモノだけがあるところには興味が沸かなくて。悪いモノがあるからこそ良いモノ が引き立つし、悪いモノが魅力的に見える。そんな東京の雑多なところが好きで、そこに影響を受けてモノ作りをしてい ます。

あと、やっぱり街にいる人達が面白い。自分が好きなストリートカルチャーに関しては、東京は世界一なんじゃないかな。 一人ひとり、自分が『こうありたい』という意識がファッションに表れているなと。」

222BEDWIN.

“最終的に洋服が行き着く先でも「格好良い」と思ってもらいたい”

Q.東京で活動を始めて、ブランド名を一度変更していますね。 何かきっかけがあったのでしょうか。

「最初、<BEDWIN>は1人でやっていた。そこから、関わる人が多くなってきて、 <BEDWIN&THE HEARTBREAKERS>に改名しました。 好きなアーティストの<Tom Petty and the Heartbreakers>と掛け合わせて、バンドをイメージして、ボーカルと、 その仲間達みたいな。ミュージシャンに憧れていた自分にとって、毎シーズンのコレクションは音楽アルバムの様なイメー ジなんです。服の一つひとつが楽曲で、ボタンなどのディテールはトーン。そういうブランドってあまり見ないな、って。

<BEDWIN>という名前自体は、砂漠地帯で遊牧生活を送る民族・ベドウィン族から。 遊牧民がどんな服装をしているのかが気になって、モロッコの砂漠に行ったことがあって、そこで会ったのがベドウィン族。 彼らが着ていたのは、民族衣装ではなく、どこかから寄付された古着だった。その記憶が鮮烈に残っていて、その後ブラン ドを立ち上げて、名前を考えるときに彼らを思い出して。自分の作る洋服が、最終的にベドウィン族の様などこかの民族 に古着として寄付されることになったとしても、そこで着る人たちにも「格好良い」と思ってもらいたいな、と。そういうモノ 作りがしたいと思ったんです。」

Q.今後の展望を教えてください。

「今回、ZOZOTOWNでの展開を決めたのもオンラインへの意識から。自分でもオンラインショップはよく利用しています が、本当に便利。昔はレコード盤を買って、A面・B面を通して聴いて、好きな曲を見つけていたけど、今はiTunesなどの シャッフル機能でより多くの曲に触れられて、そこから好きな曲が簡単に見つかる。そういう風に、オンラインをきっかけに、 <BEDWIN>を知る人が増えてくれればなと。同時に元々ブランドを知っている人にはより深く理解してもらう。色々な 仕掛けをして、お客様を飽きさせないブランドにしていければと思っています。

BEDWINホームページ

http://zozo.jp/shop/bedwinandtheheartbreakers/

BEDWIN2

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

SP2

STUDIOUS×MIHARAYASUHIRO×YUKARI OTA 別注

 

STUDIOUSより、ファッションのみならずライフスタイリストとして活躍する大田由香梨氏と、日本を代表するコレクションブランド「MIHARAYASUHIRO」とのトリプルコラボレーションアイテムを販売いたします。

ファー付きフラットサンダルや2017SSコレクションで好評だったフラワーレースを復刻させ部分使用したブラウス、毎シーズン人気のワイドデニムパンツを大田氏がスタイリストならではの視点から着まわしやすさとスタイルアップにこだわったデニムパンツ、ガウンとしてもカシュクールドレスとしても着用できる2wayドレスなど見た目だけではなく、素材・細やかなディティールまでこだわりが詰まったアイテムです。

20171218コラボリリース
MIHARAYASUHIROの始まりでもある
シューズアイテム&ウェアを含む4型を展開

 

大田由香梨氏comment>>>

「この度、デザイナーのミハラヤスヒロ氏とコラボレーションを発表させていただくこととなりました。

今までの『MIHARA YASUHIRO』のCollection archiveの中から着想し、トレンドではなくスタイルを確立するアイテムという視点で、季節、年齢、時代に関係なく、クローゼットの中で長く愛せるものとは何か?を考え再考させていただきました。また、今回のコラボレーションをイメージした撮影もさせて頂いたので、VISUAL LOOKからもアイテムの持つ空気感を感じて頂けたらとても嬉しいです。」

VISUAL LOOK THEME:

「今回のカプセルコレクションのVisualテーマは

『Creme de la creme』(フランス語の慣用句で最上級という意味)MIHARAYASUHIROの作り出すクリエイティブには、音や街、そこに生きる人物のカルチャーを感じます。実は、私のオフィスとMIHARAさんのオフィスの距離が徒歩2分の場所にあり、
MIHARAさんがこの街で、生きている空気を 数年前から常に感じていました。

MIHARAさんの服にはカルチャーを感じ、スケートをしているMIHARAさんの姿が洋服の後ろに見えるんです。今回のコラボレーションで、『ストリート』というカルチャーを女性的な解釈でVisualに描いてみました。

スケートボードを持っている彼女。ひらひらと風を感じるシフォンドレスでボードに乗って坂を下りていく姿。涼しい顔をして、ハイウェストのワイドデニムにドレスシャツで車の間を追い越していく姿。ボードを蹴る足元はただのスニーカーではなくて、MIHARA YASUHIROのウェスタンベルトのサンダル。。。。。

想像しただけで、『これこそ、最上級のストリートじゃない?』そんな風にイメージしながらこのVisualを作成しました。」

 

 

※LOOKをクリックしていただくと着用ITEMをご覧頂けます。

01

y02-

y03-

04

y05

y06

y07

y08

 

大田由香梨

Fashion誌を中心にスタイリストとして幅広く活動。ライフスタイル、女性像に密着したストーリーのあるスタイリングを得意とする。
数々の雑誌カバーや、ブランド広告・カタログのビジュアルディレクションを手がけ、近年は、仕事の幅をスタイリングのみに留まることなく、コンセプト立案や空間ディレクションをはじめとして、ファッションブランド、企業のコンサルティングやビジュアルアドバイザーとしても活動の幅をひろげている。

 

下記取扱い店舗にて2018年2月24日(土)同時発売予定。

STUDIOUS WOMENS 新宿/STUDIOUS WOMENS 池袋 (3/1RENEWAL OPENより発売)/STUDIOUS WOMENS 名古屋/STUDIOUS WOMENS ルクア大阪/STUDIOUS ONLINE STORE/MIHARAYASUHIRO ZOZOTOWN

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

1110_201_w-189

2018SS SET UP COLLECTION

LOOKLOOK2

JACKET:【STUDIOUS】
SHIRTS:【08sircus×STUDIOUS】※4月入荷予定
PANTS:【STUDIOUS】
SHOES:【STUDIOUS】

LOOK12 LOOK11

TOPS:【CULLNI】
PANTS:【CULLNI】

LOOK3 LOOK4

JACKET:【BED J.W. FORD】
SHIRTS:【BED J.W. FORD】
PANTS:【BED J.W. FORD】

LOOK9 LOOK10

JACKET:【STUDIOUS HIGH】
TOPS:【STUDIOUS】
PANTS:【STUDIOUS HIGH】

LOOK6 LOOK5

JACKET:【CLANE HOMME】
TOPS:【STUDIOUS】
PANTS:【CLANE HOMME】

LOOK8 LOOK7

JACKET:【STUDIOUS】
TOPS:【STUDIOUS】※4月入荷予定
PANTS:【STUDIOUS】

1110_201_w-2121110_201_w-210

JACKET:【STUDIOUS HIGH】
TOPS:【STUDIOUS HIGH】
PANTS:【STUDIOUS HIGH】
SHOES:【STUDIOUS HIGH】

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

111

2017WINTER STYLING LOOK

※項目をクリックすると、商品ページをご覧いただけます。

1
COAT:【Name.】
COACH JACKET:【SHAREEF×STUDIOUS】
KNIT:【DISCOVERED×STUDIOUS】
PANTS:【MYne】
SHOES:【LAD MUSICIAN】

2
COAT:【ITTY-BITTY×STUDIOUS】
LEATHER:【ATTACHMENT×schott×STUDIOUS】
SHIRTS:【sulvam】
PANTS:【N.HOOLYWOOD×STUDIOUS】
SHOES:【PADRONE×STUDIOUS】
SNOOD:【SHAREEF×STUDIOUS】

3
COAT:【ETHOSENS】
HOOD COAT:【SHAREEF】
KNIT:【ETHOSENS×JOHN SMEDLEY×STUDIOUS】
PANTS:【DIET BUTCHER SLIM SKIN×STUDIOUS】
SHOES:【N.HOOLYWOOD×NEW BALANCE】

4
DOWN JACKET:【White Mountaineering×STUDIOUS】
JACKET:【STUDIOUS】
KNIT:【SHAREEF】
PANTS:【STUDIOUS】
SHOES:【LAD MUSICIAN】

5
COAT:【STUDIOUS】
TOPS:【KIIT】
KNIT:【ETHOSENS×JOHN SMEDLEY×STUDIOUS】
PANTS:【KIIT】
SHOES:【N.HOOLYWOOD×STUDIOUS】

6
COAT:【CULLNI】
LEATHER:【ETHOSENS×STUDIOUS】
PARKA:【LOOPWHEELER×STUDIOUS】
PANTS:【SHAREEF】
SHOES:【LAD MUSICIAN】

7
KNIT:【ETHOSENS×JOHN SMEDLEY×STUDIOUS】
PANTS:【STUDIOUS】
SHOES:【PADRONE×STUDIOUS】

8
COAT:【STUDIOUS】
CARDIGAN:【WRAPINKNOT×STUDIOUS】
SHIRTS:【ALLEGE×STUDIOUS】
PANTS:【JOHN LAWRENCE SULLIVAN】
SHOES:【N.HOOLYWOOD×VANS】

9
COAT:【KAZUYUKIKUMAGAI】
TOPS:【WHIZ LIMITED】
PANTS:【Name.×STUDIOUS】
SHOES:【SPECTUSSHOECO.】
SNOOD:【TOOLS PHILOSOPHY】

10
COAT:【Name.】
COACH JACKET:【N.HOOLYWOOD×STUDIOUS】
SWEAT:【Name.】
PANTS:【MYne】
SHOES:【N.HOOLYWOOD×VANS】

11
SHIRTS:【Name.×STUDIOUS】
TOPS:【N.HOOLYWOOD×STUDIOUS】
PANTS:【Iroquois】
SHOES:【N.HOOLYWOOD×STUDIOUS】

12
CARDIGAN:【SHAREEF×STUDIOUS】
LEATHER JACKET:【STUDIOUS】
KNIT:【STUDIOUS】
PANTS:【STUDIOUS】
SHOES:【N.HOOLYWOOD×STUDIOUS】

13
COAT:【STUDIOUS】
KNIT+SNOOD:【SHAREEF】
PANTS:【ETHOSENS】
SHOES:【N.HOOLYWOOD×STUDIOUS】
ACCESSORY:【The Letters】

14
COAT:【KAZUYUKIKUMAGAI×STUDIOUS】
KNIT:【DISCOVERED×STUDIOUS】
SHIRTS:【SHAREEF】
PANTS:【STUDIOUS】
SHOES:【SPECTUSSHOECO.】

15
COAT:【DISCOVERED×STUDIOUS】
KNIT:【STUDIOUS HIGH】
PANTS:【STUDIOUS】
SHOES:【N.HOOLYWOOD×NEW BALANCE】
ACCESSORY:【STUDIOUS】

16
COAT:【STUDIOUS HIGH】
PARKA:【LOOPWHEELER×STUDIOUS】
PANTS:【MYne】
SHOES:【N.HOOLYWOOD×VANS】

17
BLOUSON:【NUMBER (N)INE×STUDIOUS】
COACH JKT:【SHAREEF×STUDIOUS】
SWEAT:【DIET BUTCHER SLIM SKIN×STUDIOUS】
PANTS:【MYne】
SHOES:【LAD MUSICIAN】

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

名称未設定 1

17AW WOMENS LOOK

CTフード

 coat : STUDIOUS ボンディングコクーンコート
207451003 ¥22.222+tax

knit : 08sircus リブステッチハイネックニット
217344053 ¥35.000+tax

pants : 08sircus ニットメルトンワイドパンツ
217441001 ¥38.000+tax

ORチェスター

coat : STUDIOUS ウィーブメルトンコクーンチェスターコート
207451001 ¥27.778 +tax

tops : k3&co RUSSELL×STUDIOUS MEAN GIRLスエット
217323004 ¥9.000+tax

inner : NINE ビクトリアンブラウス
21740002 ¥15.000+tax

pants : STUDIOUS サイドレースアップパンツ
207341012 ¥14.800 +tax

pumps : STUDIOUS HIGH ポインテッドギャザーパンプス
207473001 ¥15.000+tax

ORダウン

down : STUDIOUS フォックスファー付きショートダウン
207455002 ¥32.407 +tax

jacket : NINE ビックシルエットダブルジャケット
217453001 ¥22.000+tax

pants : NINE グルカデザインテーパードパンツ
217441004 ¥15.000+tax

shoes : HARUTA×STUDIOUS スポック
22374009 ¥16.000+tax

ELIN

outer : ELIN ×STUDIOUS 復刻キルティングアウター
217354031 ¥48.000→35.040+tax 27%OFF

riders : DOMENICO+SAVIO ライダースジャケット
217352003 ¥49.000+tax

boots : STUDIOUS ブラウジングロングブーツ
207471001 ¥27.750+tax

muveilダウン

down : MUVEIL ボリュームスリーブダウンジャケット
217355006 ¥64.000+tax

one piece : STUDIOUS HIGH ヴィンテージフラワーワンピース207311005 ¥24.000+tax

ファーカーデ

cardigan : UN3D.×STUDIOUS
復刻スリーブファーニットカーディガン
217331013 ¥46.000→¥37.720+tax 18%OFF

tops : UN3D.×STUDIOUS リブニットトップス
217330085  ¥12.800→¥10.880+tax 15%OFF

pants : SACRA ベロアパンツ
217340041 ¥22.000+tax

ダブルショール

coat : UN3D.×STUDIOUS ダブルショールカラーコート
217351014¥56.000→¥45.360+tax 19%OFF

tops : k3&co RUSSELL×STUDIOUS MEAN GIRLスエット
217323004  ¥9.000+tax

skirt : STUDIOUS HIGH
トリプルクロスチェックボクシースカート
207344005 ¥29.000+tax

MA-1

MA-1:UN3D.×STUDIOUS MA-1
217350005  ¥36.000→¥27.720+tax 23%OFF

skirt : AKIRANAKA エナメルスカート
217344053 ¥53.000+tax

チェスター

coat : CINOH×STUDIOUS チェスターコート
217358018 ¥79.000+tax

tops : CINOH Vネックニット
217330108  ¥23.000+tax

pants : TAROHORIUCHI サイドオープンマキシパンツ
217351016 ¥44.000+tax

bag : aeta トートV
227362014 ¥14.000+tax

ノーカラー

coat : CINOH×STUDIOUS ノーカラーコート
217358017 ¥79.000+tax

tops : soe WOMEN チュールタートルネック
217330093  ¥38.000+tax

pants : CLANE ウエストベルトミリタリーパンツ
217345098 ¥26.000+tax

ムートン

outer : CINOH×STUDIOUS ムートンジャケット
217358031 ¥240.000→¥199.200+tax 17%OFF

inner : soe WOMEN WOMAN OUTSIDER ロングスリーブT
217322003 ¥8.000+tax

pants : ANNC デニムパンツ
217340002 ¥27.000+tax

shoes : STUDIOUS スクエアカットベルベットパンプス
207373008 ¥13.800+tax

ファーベスト

vest : CINOH×STUDIOUS ロングファーベスト
217357003 ¥65.000→¥54.600+tax 16%OFF

riders : DOMENICO+SAVIO ライダースジャケット
217352003 ¥49.000+tax

tops : CINOH Vネックニット
217330108  ¥23.000+tax

pants : TAROHORIUCHI サイドオープンマキシパンツ
217351016 ¥44.000+tax

SOE

coat : soeWOMEN×STUDIOUS ダッフルコート
217358034 ¥78.000+tax

knit : NINE ハイネックリブニット
217430002 ¥13.000+tax

pants : MIHARAYASUHIRO レイヤースエットパンツ
217340030 ¥25.000+tax

MM

coat : M/M ATTACHMENT
スーパーウールロングテーラードコート
217351023 ¥78.000+tax

knit : soeWOMEN ロングスリーブフッディ
217323005 ¥24.000+tax

pants : CLANE ウエストベルトミリタリーパンツ
217345098 ¥26.000+tax

pumps : STUDIOUS HIGH ポインテッドギャザーパンプス
207473001 ¥15.000+tax

VINCA

coat : VINCA メルトンファーカラーコート
217351016 ¥72.000→¥54.600+tax 16%OFF

pants : beautifulpeople
ミニハウンドトゥースシガレットパンツ
217345041  ¥45.000+tax

bag : aeta ショルダーS
227363025 ¥12.000+tax

08

coat : 08sircus オーバーロングCT
217354018¥72.000 +tax 

MA-1:UN3D.×STUDIOUS MA-1
217350005 ¥36.000+tax

bag : aeta フラットトート
227362013 ¥33.000+tax

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

名称未設定15

新海誠×山崎まさよし<音が聴こえるTシャツ>

MadMANIA©:
音(OTO)が聴こえるT-Shirt「OTOT(オーティオーティ)」を企画しました。音が聴こえる?いま再び魅力を再発見されている、カセットテープが付いたT-Shirtです。第1弾は、2007年に新海誠監督の「秒速5センチメートル」に提供された、山崎さんの”One more time, One more chance”のカセットテープとT-Shirtがセットになって発売されます。シングルカセットで、ジャケットは作品の背景美術を提供頂きデザインした物です。
名称未設定 4(修正)
MadMANIA©:
今、カセットテープで音楽をお聴きになることはありますか?
山崎氏:
ないですね。前まではボイスレコーダーみたいな機能がない時は、携帯も持ってなかったので、MONOのポータブルプレーヤーをデモテープの吹き込みで使用してました。もう、ハード機器として再生するデッキが自宅にはないですね。
MadMANIA©:
楽曲のリリースは1997年、ちょうど20年前です。普遍的存在だったカセットテープでしたが世の中から少なくなっていきCDに移行していく頃。今回の企画は、リリースから20年後に初カセットテープ化という事で進めさせて頂いてます。
名称未設定 5
ジャケットはこちらになります。プラスチックのケースではなく海外のシングルカセットのように紙のケースに差込む形態です。
名称未設定 7(修正)
山﨑氏:
こういった物質って久しく触ってないなぁ。みなさんは、何で聴かれてるんですか?
MadMANIA©:
今、また新たに大手メーカーからも新機種が出たりしますね。個人的にはヴィンテージのラジカセやポータブルのカセットデッキです。
山崎氏:
ハードオフとかに売ってたりするの?
MadMANIA©:
そういうものを専門に扱ってるお店が中目黒にありますよ。個人的によく通ってる『waltz』っていうカセットテープ専門店。修理にも対応してくれるので助かってます。機器だけでなくカセットテープの新譜も取扱ってます。
山崎氏:
へぇ、そうなんだ!行ってみようかな。
MadMANIA©:
『waltz』は、カセットテープの専門店と聞きつけ、世界中からミュージシャンが直接アクセスして音源も売り込みもあるそうです。聴いてもらって良いと思ってくれたらカセットテープを自主制作する!と交渉するする方もいるとか。結局ヴァイナルやCDを個人で作るとロッドも大きくハードルが高く諦めてしまうのですがカセットテープは数を少なくでも作れるところも魅力のようです。
名称未設定 6(修正)
山崎氏:
いわゆる、アマチュアのデータを扱う、そういう流通経路があるんですね。
MadMANIA©:
個人的にカセットテープは、音楽が目に見える形で手に持てる心地良さと「贈り物感」あるガジェットというところが魅力です。私は曲を巻き戻す音を懐かしく感じてしまう世代です。山崎さんはカセットテープ世代ですよね?どのように使われてましたか?
山崎氏:
カセットは、編集も便利でしたし、エアチェックに使ってました。FM音源になってFMの周波数の音がいいので、丁寧にラジオ局もコンプをかけてくれるのでそのままカセットテープに録音してましたね。
MadMANIA©:
以前は、自分の想いやセンスをみせるために必死に自分の好きな曲だけを集めてパッケージしたりしていたのですが、山崎さんはエアチェック以外にMY BEST的なカセットテープの編集などされたことはありますか?
山崎氏:
あったかな?あんまりしなかったかもしれないですね。
それこそ、曲を作ってみたとかは過去にあったような気もします。人のために曲を集めてプレゼントするのは素敵ですよね。カセットならできますからね。カセットって、チャンネルトラックに分けてパラで取れたりするのでMTRは持ってました。それでデモテープも作ってました。カセットテープと言えば曲作りのデモテープですね。名称未設定 1
MadMANIA©:
この曲のデモテープはカセットテープですか?
山崎氏:
この曲を作っている時のデモをカセットでもらってましたね。ラフミックスとかスタジオ音源は今だったらCDRとか、ちょっと前はMDだったのが、その前は殆どデモやラフミックスは全部カセットでもらってました。僕がまだデビューする前だったり、レコード会社と仮契約の時は、こういう新人がいます!と紹介するのは殆どがカセットでしたね。今だったら、すぐにCDRに焼けたりするのが、その頃はまだカセットでした。
MadMANIA©:
山崎さんを紹介するためのメドレーみたいなカセットテープが存在すると聞いたのですが
山崎氏:
はい、ありましたね。ビートルズとかエルトンジョンの楽曲をカバーしたりする、業界でいうビックリテープと呼ばれているものがあって、それはカセットでした。新人さんがスキルをみせるために作って、業界の人に見本版としてデビュー前にサンプリングしてたんですよね。名称未設定 3(修正)
MadMANIA©:
リリースは1997年ですが、実際にOne more…を作られたのはいつくらいでしょうか?
山崎氏:
横浜に住んでいた時だったので、おそらくデビューする前からあったと思います。デモみたいなのが、1994年くらいですかね?1番最初に録音したのが、伊豆にあるスタジオ『伊豆スタ』でデモも兼ねてスタジオワークしていた際にこれもとっておこう!ということで録音しました。
MadMANIA©:
新海誠監督の作品に楽曲を提供されましたが、作品をご覧になった感想をお聞かせください。
山崎氏:
すごく絵が綺麗だなと。背景なんかが、ほぼ実写に近いというか。アニメーションと言えば、僕らの時は「宇宙戦艦ヤマト」や「(機動戦士)ガンダム」とか、もっと言えばリアリティのなさがアニメーションだったんですけど、言ってみれば、空想的な物だったり、時代劇であったり、現代劇というのが極めて少なかったと思います。「タイガーマスク」とか「あしたのジョー」にしても、なかなか人間が実写で体現出来ないものをアニメとして認識してたんですが、この作品は、まるっきり実写化がされているようなリアルさがありましたね。だから、この歌を使ってくださった時は、そういったリアルさとリンクしたんだなと思いました。全く違和感がなくて、アニソンというポジションにはならないのが、いいなぁと思いました。ともすれば、アニメ映画に使われてアニソンになるよりは、その扱い方としてリアリティの部分で使わせて欲しいと言われたのですごく納得がいきました。韓国行ったときにもこの曲知ってましたしね。この映画はすごくアジアでも見られてるんですね。4Kで見たらすごい綺麗なんでしょうね。
MadMANIA©:
映画の公開当時は地デジも普及しきってない頃でしたが、
高解像度時代になった今見返すと新たな発見もあり感動も増します。
名称未設定 9
MadMANIA©:
さて、カセットテープのことばかり話してしましましたが
こちらがT-Shirtのデザインになります。
山崎氏:
これって東京の街なんですかね?新宿の方ですかね?縦に切り取られた景色がかつてのシングルCDに似てますね。
MadMANIA©:
いくつかデザイン候補がありまして、踏切バージョンもあります。
名称未設定 10(修正)
山崎氏:
この歌に「踏み切り」って歌詞が出てくるんですよね。作品の背景がTシャツのデザインになることって無いんじゃないですか?それは、すごく珍しいですよね。
MadMANIA©:
アニメーションはキャラクターも魅力的なので普通だとココにアニメの主人公やキャラクターが出てきますが「秒速5センチメートル」は完全に背景の美術だけにフォーカスさせて頂いてデザインに使用しています。フォトプリントT-Shirtとはまた違った魅力が新海誠監督作品にはあると思うので。
名称未設定 2
STUDIOUS プレスルームにて。
MadMANIA© http://madmaniac.jp/
COPYRIGHTなモノへの愛着と尊敬。BOOTLEGな衝動への共感と反応。
COPYRIGHT=©(著作権)を有する誰かの財産を、
BOOTLEG=海賊版の感覚で「正規品」に作り上げるプロジェクト。
STUDIOUS公式通販→商品はこちらから←
STUDIOUS ZOZO→商品はこちらから←
●作品紹介
秒速5センチメートル
名称未設定
© Makoto Shinkai / CoMix Wave Films
監督・脚本・絵コンテ:新海誠
主題歌:「One more time, One more chance」山崎まさよし
小学生のタカキとアカリは、特別な想いを抱きあう中。しかし卒業と同時に、アカリの引越しにより離れ離れになってしまう。中学生になり文通を重ねる2人だが、今度はタカキも鹿児島への転校が決まる。引越す前にアカリに会おうと、大雪の中タカキはアカリの元へ向かうが…。時は過ぎ、種子島で高校3年生になったタカキは、同じクラスのカナエに好意を寄せられながらも、ずっと遠くを見つめていた。カナエにとってタカキは、一番身近で、遠い憧れだった。やがて東京で社会人になったタカキは、仕事に追われ日々輝きを失っていく街並みを前に、忘れかけたあの頃の記憶に想いを巡らせる。
●プロフィール
SINKAI
新海誠
1973年生まれ、長野県出身。アニメーション監督。2002年、個人で制作した短編作品「ほしのこえ」でデビュー。以降『雲のむこう、約束の場所』『秒速5センチメートル』『星を追う子ども』『言の葉の庭』を発表し、次世代の監督として、国内外で高い評価と支持を受けている。2012年、内閣官房国家戦略室より「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」として感謝状を授与。2016年8月に全国公開された最新作『君の名は。』は、国内動員数1900万人を突破し、世界中でも大ヒットを記録。自ら執筆した小説版も150万部を超えるなど、社会現象にまで拡がった。
YAMAZAKI
山崎まさよし
1995年に「月明かりに照らされて」でデビュー。1997年公開の主演映画『月とキャベツ』の主題歌「One more time, One more chance」がロングヒットし、ブレイク。精力的な全国ツアーを行ってきたほか、全国各地のフェス・イベントへの出演、ミュージシャンとしてのセッション参加なども数多く、音楽ファンのみならず多方面から支持を得ている。約3年3ヶ月ぶりとなるNewAlbum「LIFE」が2016年12月14日にリリース。『映画ドラえもん新・のび太の日本誕生』の主題歌として大きな話題となった「空へ」を含む全12曲が収録。
●関連情報
国立新美術館開館10周年 新海誠展「ほしのこえ」から「君の名は。」まで 開催
B キービジュアル広報画像(カラー・横)
2017年11月、アニメーション映画監督・新海誠のデビュー15周年を記念して『新海誠展「ほしのこえ」から「君の名は。」まで』を国立新美術館(東京・六本木)で開催されます。国立の美術館において、現役アニメーション映画監督の名を冠した展覧会が開かれるのは初めての機会となります。本展は新海誠のその軌跡を、貴重な制作資料である絵コンテ、設定、作画、美術、映像をはじめ、世界観を体験できる造形物など約1000点の展示を通じて紹介します。開館10周年となる国立新美術館では他の巡回会場よりも広い2000平米の展示空間にあわせて、初公開を含む制作資料類を特別に公開します。さらに、専門家を招いてのキュレトリアルチームを編成し、「キーワードで読み解く作品世界」「新海誠と時代背景」「映像制作の舞台裏」「世界に広がる新海誠作品」など、新海誠のアニメーションをより深くひも解く盛りだくさんの内容です。
■会期:  2017年11月11日(土)~12月18日(月) ※休館日:毎週火曜日
■開催時間:  10:00~18:00(毎週金曜日、土曜日は20:00まで) ※入場は閉館の30分前まで
■会場:  国立新美術館 企画展示室2E
■東京会場特設ホームページ :
http://shinkaimakoto-ten.com/tokyo/
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

ARCHIVE